言葉の持つ力  《塾にできること2》

言葉の力はとても大きいです。。


塾生に声を掛けるときには、大事にしていることが2つあります。

まずは塾に来た時、よく来たねの気持ちを込めて明るく挨拶すること、です。

子供達は1日授業を受け部活もこなしてから、塾に来ています。

休みもせず来てエラいと思うし、ありがたいです。中には、うつむいて入って来たり、親に怒られたのか、泣きそうな顔をしている子もいます。

どの子も帰るときは、笑顔で帰ってほしいと思います。明るい声を掛け、みんなが笑えるような話をして授業を始めるようにしています


次に気を付けているのが、ほめるときです。

意外に思われるかもしれませんが、ほめすぎないようにしています。

私が本当にすごいと思ったときだけ、心からほめるようにしています。

子供達は大人が思うよりずっと賢いし、大人の気持ちを見抜きます。

ほめ言葉は本心から言わないと子供達の心に届きません。

ほめるときのタイミングも大事です。

子供が自信なさそうにしているとき、その子を観察して、おーこれはすごい!と思ったときにすかさずほめます。


子供たちが笑顔で帰るとき、ほめられて嬉しそうにしているとき、私の気持ちまで晴れ晴れしてきます。

親や周りの大人の言葉で子供は変わります!

ポイント

1,明るい言葉かけ

2,ほめるときは心から

3,言葉で子供は変わる

氷見の学習塾 澤井塾 - HALE education HIMI

HALE(ハレ) education HIMIは、富山県氷見市で30年間国語・英語・数学を中心に学習塾「さわいじゅく」「澤井塾」を運営する教育グループです。2021年〜未来に向けた教育を行うプログラミング教室「YELL」もOPEN。年長・小学生・中学生・高校生と幅広い世代に対応しております。基礎、高校受験、大学受験など、ひとりひとりの将来の夢や目標に寄り添った学び場です。

0コメント

  • 1000 / 1000