覚え方のコツ 《自分でできること2》

 前回は、英語が得意だったA君の単語帳丸ごと暗記法を紹介しました。今回は暗記があまり得意ではない私のやり方を紹介します。

学生の頃は大人になったら、勉強はしなくてもいいと思っていましたが、全然違いました。むしろ大人になってからの方が必死に勉強しています。これはどの職業でもそうですよね。

 昔から暗記は得意ではありませんでしたが、生徒たちに説明するときに間違えたら、ダメなので確実に暗記するようにしています。

数学の公式など根拠がはっきりしているものは、やっぱり覚えやすいです。私が覚えるのに苦労してしているのは、英単語、理科の化学式です。

 新しく出てきた英単語を、覚える私のやり方です。

まずはスケジュール帳に付箋にかいて貼ります。1日に何回も目にするためにです。覚えた単語の付箋は取っていきます。この方法のよいところは、付箋をとるときに軽い達成感を感じられるところです。付箋は大量にストックしてあります。

次にするのは携帯のメモ機能に、覚えたい単語を入力しておくことです。覚えた単語にチェック出来て、とても便利です。隙間時間に見れるのでオススメです。

明日生徒に説明しなくてはならないのに、どうしても覚えられないときは、携帯の待ち受け画面を使います。メモ機能に入力したものをスクショして、待ち受け画面にするのです。これだと本当に何回も見るので、覚えられます。ただ誰かに見られると恥ずかしいのが欠点です。

私はこれらのやり方をミックスして毎日奮闘中です。

 あまり暗記が得意ではなかった私の暗記法、お役に立てれば嬉しいです。


ポイント

1,繰り返す

2,便利な道具を使う


 


氷見の学習塾 澤井塾 - HALE education HIMI

HALE(ハレ) education HIMIは、富山県氷見市で30年間国語・英語・数学を中心に学習塾「さわいじゅく」「澤井塾」を運営する教育グループです。2021年〜未来に向けた教育を行うプログラミング教室「YELL」もOPEN。年長・小学生・中学生・高校生と幅広い世代に対応しております。基礎、高校受験、大学受験など、ひとりひとりの将来の夢や目標に寄り添った学び場です。

0コメント

  • 1000 / 1000