それでも紙辞書を使ってください《自分でできること4》

 中学までは英語の教科書の巻末資料に新出単語が載っていて、わからない単語はそこを調べれは良かったのですが…

 高校入学時に、紙辞書を使うか電子辞書を使うかで迷うと思います。

 電子辞書を使うメリットは軽い、調べるのが楽、など複数あります。中でも発音がチェックできるというのは大きいです。今では半分以上の生徒は電子派だと思います。

 単語の意味を調べるのなら、電子辞書で足ります。

例えばsubjectという単語。話題、主題、学科、主語、被験者、受けやすいなど思いもよらない意味があります。電子辞書でもそれは調べられますが、デミリットは1度に目にする情報が少ないことです。そして電子辞書の代わりはスマホでできます。

 紙辞書で調べると単語の意味と例文が目に入ります。

例文を読んでほしいのです。

 例文を読むとその単語の使い方がわかります。英語の勉強の伸び始めは遅いですが、ある程度から恐ろしいスピードで伸びます。

使いこなせる単語を増やしていくことがポイントです。

紙辞書は重いし、調べるのに慣れていないと時間がかかります。

 それでも紙辞書を使ってください。


氷見の学習塾 澤井塾 - HALE education HIMI

HALE(ハレ) education HIMIは、富山県氷見市で30年間国語・英語・数学を中心に学習塾「さわいじゅく」「澤井塾」を運営する教育グループです。2021年〜未来に向けた教育を行うプログラミング教室「YELL」もOPEN。年長・小学生・中学生・高校生と幅広い世代に対応しております。基礎、高校受験、大学受験など、ひとりひとりの将来の夢や目標に寄り添った学び場です。

0コメント

  • 1000 / 1000