得意なことは生きるための武器になる

 最近読んだ中で1番の本を紹介します。

「金の角を持つ子供たち」 藤岡陽子著 集英社文庫

 中学受験をする子供と家族、塾講師の話で、加地という塾講師の言葉が熱い!

「俺が塾講師をしているのは、子どもたちに勉強を諦めてほしくないからだ。純粋に学力を上げて、この社会を生きるための武器を持たせてやりたいと思っている」

 

 私は学生のとき英語は得意でしたが、数学は苦手でした。英語は塾に通っていたので、よくわかって楽しかった。

 大人になって思ったのは、英語と同じように塾に通っていたら、数学ももっとできたかもしれないということでした。そして多分多くの子どもが、苦手科目を勉強しなければならないことはわかっているけれど、何をしていいのかわからないのじゃないかと思いました。その気持ちが、塾を始めた動機のひとつです。

 私は英語が得意だったおかげで、少しは自分に自信が持てました。勉強をがんばり、成績を上げることによって自分に自信を持ってほしいと思います。その自信が社会で生きていくための武器になると思います。


 子どもによっては、ピアノや絵を描くことが武器になる子もいます。スポーツやプログラミングが武器になる子もいます。


 どの子にも、その子にあった社会を生きるための武器を持ってほしいと思います。



氷見市の学習塾、澤井塾。1人1人の成績が上がるように指導しています。小学生中学生高校生に英語数学を教えています。

私は社会に出てからもっと勉強を頑張っていれば良かったと、ものすごく後悔しました。そういう思いを他の子供達にしてほしくないと願って、30年前に澤井塾をはじめました。30年続けられたことに感謝して、まだまだたくさんの子供達に勉強を教えていきたいと思っています。学ぶこと行動を起こすことで人生は変えられるということを教えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000