富山県立高校入試まで1か月《自分でできること》

 3月8日9日の県立高校入試まで1か月となりました。限られた時間で何をすべきか考えました。

 まずは数学です。

 数学はだいたい毎年大問7問まであります。

 1問目は小問特集で、計算問題、作図、角度、短い文章問題が出ます。まずはここで確実に10点取りたいです。注意してほしいのは作図問題です。作図は垂線、垂直二等分線、角の二等分線の3つしかありませんが、それぞれどんなときにどれを使うのか、理解しておいてほしいと思います。2種類の組み合わせて解く問題もあります。

 大問2,3,4,は2次関数1次関数の融合、規則性、資料の整理、確率、連立方程式などがでます。どれもある程度やり込めばできるようになると思います。今年は4問目くらいに規則性が難易度を上げて出てくるかもしれません。 

 数学が得意ではなく、40点中20点が目標ならここまでを中心にしっかり取り組んでください。

 大問5,6は立体図形、1次関数の文章問題です。1次関数の文章問題は動点、速さ、水量問題が繰り返されています。近年は水量問題が出ていないので今年狙われるかもしれません。もちろん動点、速さも対策が必要です。

 大問7は平面図形で円と三角形、平行四辺形融合問題が出ることが多いです。3年の終わりに習った相似、円周角、三角比を確実にしておいてください。

 後半の大問に規則性、資料の整理、確率がでるかもです。

 各大問の最後の問題はかなり難易度が高いものがあります。高得点を狙っているのなら捨てる問題の取捨選択大事です。

 最近はきちんと読んでいるかを試すような長文の問題が出ます。問題を読まずに数字だけを見て解くのは止めてください。必ずアンダーラインを引きながら読み込んでください。

 

 あと1か月まだまだできることはあります。ベストを尽くしてください。

 次のブログは英語の入試について書きます。


 

氷見の学習塾 澤井塾 - HALE education HIMI

HALE(ハレ) education HIMIは、富山県氷見市で30年間国語・英語・数学を中心に学習塾「さわいじゅく」「澤井塾」を運営する教育グループです。2021年〜未来に向けた教育を行うプログラミング教室「YELL」もOPEN。年長・小学生・中学生・高校生と幅広い世代に対応しております。基礎、高校受験、大学受験など、ひとりひとりの将来の夢や目標に寄り添った学び場です。

0コメント

  • 1000 / 1000