家庭での会話を大事にしてほしいです。

 国語は勉強の土台です。国語がしっかりとできてないと、すべての教科がうまくいきません。

 その国語のもととなるのが、家庭での会話です。

命令など親が一方的にしゃべる会話ではなく、相手のいうことを理解して、自分の意志を伝える。親は自分の伝えたいことを、子供に分かるように言い、子供はそれを理解しようとする。そして子供は自分の伝えたいことををなんと言えば良いか考えて、口にします。うまく伝われば子供は喜び、脳の発達や言葉の習得に良い影響をあたえるでしょう。

 これがコミュニケーションのもとであり、国語につながります。

毎日子供と話していると、親が一方通行に話して終わりとなることがあると思いますが、このもとを、大事にしてほしいと思います。

氷見市の学習塾、澤井塾。1人1人の成績が上がるように指導しています。小学生中学生高校生に英語数学を教えています。

私は社会に出てからもっと勉強を頑張っていれば良かったと、ものすごく後悔しました。そういう思いを他の子供達にしてほしくないと願って、30年前に澤井塾をはじめました。30年続けられたことに感謝して、まだまだたくさんの子供達に勉強を教えていきたいと思っています。学ぶこと行動を起こすことで人生は変えられるということを教えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000