英語の勉強の仕方

 英語が苦手な生徒にまずしてほしいのは、単語を覚えることと、音読です。

どちらも問題集をかうのではなく、教科書をやってください。教科書に出てくる単語を全部覚えること。意味は教科書の後ろに簡単な辞書がついているので、調べて覚えてほしいです。

 音読も大事です。今は教科書の各ページにあるQRコードを読み取れば、スマホで聞けます。どのページもスラスラ読めるようにしてほしいです。

 この2つを一生懸命にしたら、徐々に成績が上がってきます。

英語は積み重ねが大切なので、急には上がりません。しかし確実に上がってきます。

その次は文法に取り組んでください。1冊問題集を買うといいです。薄めで解説が詳しいものが良いです。決して難し過ぎるものは選ばないでください。挫折の原因となります。

わからないところは先生や友達に聞いたらいいです。

できれば同じ問題集を2回解いてください。

ここまでできたら長文読解や英作文対策に入ります。

 次回は、英作文対策をどのようにすれば良いか解説します。

氷見市の学習塾、澤井塾。1人1人の成績が上がるように指導しています。小学生中学生高校生に英語数学を教えています。

私は社会に出てからもっと勉強を頑張っていれば良かったと、ものすごく後悔しました。そういう思いを他の子供達にしてほしくないと願って、30年前に澤井塾をはじめました。30年続けられたことに感謝して、まだまだたくさんの子供達に勉強を教えていきたいと思っています。学ぶこと行動を起こすことで人生は変えられるということを教えていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000